読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯医者の嫁だってちゃんと子育てしてますけど、何か?

歯医者の嫁ですけど子育て真っ最中。子育ての世界って独特で…なんかおかしい(笑)

なぜ子供が歯医者を怖がるのか

私の働く歯科医院は、小児歯科を謳っているわけではありませんが少なからずお子様の患者様が来院されます

 

その中で数人、初めて歯医者に来たのに『怖い』と言って泣くお子様がいるのです

 

なぜでしょう

初めて来たのに

まだ何もしていないのに

 

何もしていないのに泣かれては…泣きたいのはこちらです(笑)

優しくしているのになぜ怖いと言われるのか…

 

これは私の推測ですが、たぶんお家で

『ちゃんと歯みがきしないと、歯医者さんで痛いことされるよ』

とか

『そういう悪いことしてると歯医者さんで歯抜かれちゃうよ』

など、親御さんがお子さんのしつけのつもりで言っているのではないでしょうか

 

これ、本当にやめてください

 

歯医者=怖いところ、痛いことをされるところ

というイメージは、親御さんが自分の虫歯治療の経験などから勝手に思っているイメージであり、まだ治療をするかしないかわからないお子様にまで痛い思いをするかもしれないなどというイメージを植え付けないでください

 

中には歯医者さんに来ても、なんの抵抗もなくお口をアーンと大きく開けてくれるお子様もいます

そういうお子様の場合、大抵は親御様も歯科医院で痛い思いをしていないことが多いです

 

さて、どういう事でしょうか

 

みなさん、歯医者さんって痛くなってから行くところだと思っていませんか?

中には定期的に歯のお掃除をするために来院される方がいらっしゃるのですが、そういう方はだいたい歯石を取るだけで終わるので歯を削る治療はありません

ですから歯科医院=痛い思いをする場所というイメージもないので、そんな方のお子様にも歯医者さんには歯のお掃除をするために行くところとイメージ付けてくださいます

 

とっても助かります

 

もし今後、ご自分のお子様を歯科医院に連れて行く機会があれば

『お口の中をきれいにしてもらおうね』

と、ポジティブなイメージができるようにお子様に伝えてください

 

そして、もし歯の治療で少し怖い思いをしてしまったお子様には

『ごめんね』

ではなく

『頑張ったからお口の中キレイになったね〜』と褒めてあげてください

 

親御様がお子様に『ごめんね』と言った時、お子様に怖い思いをさせた悪者は歯科医師です

歯科医師も怖い思いなんて本当はさせたくないのです

それでも歯科医師はお子様のために…親御様のためにお子様の虫歯治療をするのです…

 

 

そして、大人でも子供でも半年に1度のペースで定期的に歯のお掃除をすることをオススメします。

 

もし歯科医院のことで質問があればコメント欄にどうぞ♪

私は歯科医師でもなければ歯科衛生士でもありませんが、みなさんの歯科医院に対する疑問が少しでも解消されるよう私のできる範囲で質問にお答えします